技術コース 技術コースの詳細をご紹介

CCNP TSHOOT取得コース

コース概要 2013年2月16日発売

本コースでは、CCNP TSHOOT試験の出題範囲である、複雑なエンタープライズネットワークのトラブルシュートに必要な 知識や技術について学習します。

講義(約15時間)は、大手IT関連企業の研修でも活躍している現役プロ講師の、最新の講義ビデオ(2013年1月撮影)と、 講師本人が執筆したテキスト(日経BP社『CCNP TSHOOTテキスト 642-832対応』)によりご受講いただきます。

また、豊富なスイッチ・ルータ演習により、TSHOOT試験の合格に必要な技術力を身につけていただきます。

・CCNP TSHOOT取得コースは、CCNP TSHOOT試験(642-832)に対応したものです。
※2015年1月29日からの新CCNP TSHOOT試験(300-135)への対応をお約束するものでないことをご了承の上、
  お申込みをお願いします。


≫ カリキュラム一覧

まずは無料スクール体験へ

コース詳細

技術者向け
受講対象者CCNA取得者もしくはそれに準ずる知識をお持ちの方
受講可能期間開始日より3ヶ月間(お好きな時にご利用いただけます)
カリキュラム時間数30時間   ≫ 受講システム
対象資格CCNP(642-832 TSHOOT:Troubleshooting and Maintaining Cisco IP Networks)
受講料150,000円(税別)  ≫ お支払いについて

★2科目/3科目セットがお得!!
CCNP 2科目セット

300,000円 ⇒ [セット価格] 247,428円(税別)

CCNP 3科目セット
450,000円 ⇒ [セット価格] 323,619円(税別)
入会金 20,000円(税別)
期間延長(1ヶ月) 25,000円(税別)
まずは無料スクール体験へ

CCNP TSHOOT試験について

■ CCNPとは

CCNPとは、ネットワーク機器メーカーCisco Systems社による技術者認定資格の一つです。
同じくCisco Systems社が実施している、CCNAの上位資格にあたり、CCNAよりも大規模で複雑なネットワークの、設計・構築・保守・運用能力を認定する資格です。
ネットワークエンジニアとしてのキャリア、実力を証明するのに、とても有効な資格です。就転職にも有利と言われています。
CCNP試験は、ROUTE/SWITCH/TSHOOTの3科目で構成されており、すべての科目に合格することで、CCNPに認定されます。

■ CCNP TSHOOT(642-832)試験の特徴

2011年7月に、CCNP試験が改訂されました。TSHOOT(642-832)試験は、ROUTE/SWITCH試験の応用編的な内容で、 複雑なエンタープライズネットワークのトラブルシュートに必要な知識や技術について出題されます。
あらかじめ、設定ミスが含まれているネットワーク構成が用意されており、各ルータのコンソールにログインして、 トラブルの診断と修復を行っていきます。

■ CCNP TSHOOT試験に合格するためには

Ciscoの試験は、技術用語の丸暗記や、机上の知識だけでは合格できません。
技術の内容を正しく理解していることに加え、スイッチ&ルータの複雑な設定を行うための、高度な技術力が問われます。
CCNP TSHOOT試験では、トラブルの診断を行うためのIOSコマンドの知識や、そのコマンドの結果からトラブルの原因を 判断できる実践的な技術力が必要です。

ネクストワークスCCNP TSHOOT取得コースの特徴

■ CCNP TSHOOT試験に完全対応

本コースでは、CCNP TSHOOT試験の出題範囲である、複雑なエンタープライズネットワークのトラブルシュートに必要な 知識や技術について、学習します。

講義(約15時間)は、大手IT関連企業の研修でも活躍している現役プロ講師の、最新の講義ビデオ(2013年1月撮影)と、 講師本人が執筆したテキスト(日経BP社『CCNP TSHOOTテキスト 642-832対応』)によりご受講いただきます。

・現行の試験範囲に合致した内容で、必要十分な試験対策となっています。
・最新の出題傾向を踏まえて講義を行うので、ポイントを押さえながら学習していただけます。
・イメージし易いよう、ネットワーク図を駆使して説明するので、複雑で高度な技術も、簡単に理解できます。
・豊富な設定・確認コマンドの出力サンプルを基にした解説で、実践的に学べ、実務で活かせる知識が身につき
 ます。

■豊富なスイッチ・ルータ演習

CCNP TSHOOT試験に合格するためには、知識をつける学習に加え、技術力をつけるためのスイッチ・ルータ演習が不可欠です。
本コースでは、TSHOOT試験の問題に対応できるよう、具体的なトラブルシュート問題をたくさん用意しています。
講師の演習デモと解説に合わせて、実際にスイッチ・ルータの演習をしていただき、試験合格に必要な技術力を身につけていただけます。

演習中のサポートは、クラスに常駐しているヘルプデスクにお声がけください。問題が解決できるまで、丁寧にご対応いたします。

演習環境はいつでもお使いいただけます。演習プログラムが終わった後も、受講可能期間中はご自由に演習をしていただけます。

カリキュラム

カリキュラム 内容
CCNP TSHOOT講義
(15時間)

トラブルシューティングの方法

レイヤ2のトラブルシューティング
レイヤ3のトラブルシューティング
レイヤ4以上のトラブルシューティング
総合演習
演習プログラム
(15時間)

シミュレーション対策
※ 演習プログラム修了後も、ご自由に演習をしていただけます。

無料スクール体験お申し込みはコチラ

講師紹介(Gene氏)

元Cisco認定インストラクター(CCSI)※として実績と実力のある講師です。大手IT関連企業の研修でも、現役の講師として活躍中です。

ネクストワークスでも、基礎からプロフェッショナルレベルまで、様々なセミナーを開催していますが、Gene氏の講義は、「とにかく分かり易い」と評判。 セミナーには必ず参加されるというファンの方もいらっしゃいます。

※Cisco認定インストラクター(CCSI)とは、Cisco Systems社が認定するコースを担当できるトレーナーです。 CCSIになるには、コースに必要な技術を問う実技試験と、インストラクション能力を測るプレゼンテーション試験に合格しなければなりません。

−略歴−

2000年にWebサイト「ネットワークのおべんきょしませんか?」を開設。 「ネットワーク技術をわかりやすく解説する」ことを目標に、日々更新を続けている。
2003年にはネットワーク系ベンダー資格の最高峰であるCCIEを取得。 ネットワーク技術に関するフリーのインストラクター、テクニカルライターとして活動中。

−著書−

・『Cisco CCNP TSHOOTテキスト』日経BP社刊
・『Cisco CCNP ROUTE問題集』ソフトバンククリエイティブ刊
・『ネットワーク構築の基礎』毎日コミュニケーションズ刊
・『TCP/IPの基礎』毎日コミュニケーションズ刊
・『3週間完全マスター ネットワークスペシャリスト』日経BP社刊

受講システム

■ お客様のペースで受講できるビデオ講義

ネクストワークスでは、VoD(ビデオオンデマンド)形式を採用しています。
ライブ授業では、時間になると講義が始まってしまいますが、VoD形式なら、お客様のスケジュールに合わせてご受講いただけます。一時停止や巻き戻しも自由にできるので、お客様のペースで学習できます。

講義ビデオでは、講師がホワイトボードやスクリーンを使用し講義を行います。
ライブ講義を受けているのと、同じ感覚で学べます。
スイッチ演習デモの画面キャプチャーも随所にあり、理解し易い構成になっています。

■ いつでもお好きな時間に受講できます

開講時間は、平日9:30〜17:30です。
受講可能期間中は、いつでも、お好きな時間にご受講いただけます。
当日のご予約やキャンセルも承ります。スケジュールが直前まで分からないという方でも、安心してご利用いただけます。

※カリキュラムが終了し、資格を取得した後も、受講可能期間中はご利用いただけます。

≫ ご利用時間について

■ いつでも使えるスイッチ・ルータ演習環境

Ciscoのルータやスイッチは120台以上あり、充実した演習環境をいつでもご利用いただけます。
机上の学習だけではなく、業務で役立つように、実機を使って実践的に学習していただくことができます。

CCNP TSHOOT試験に合格するためには、トラブルシュート対策が不可欠です。
トラブルシュート問題に出題されやすい部分は、Cisco試験の操作画面同様のシミュレータとオリジナル演習シナリオにより、 重点的に対策をしていただけます。

≫ ラボルーム紹介


■ 安心のサポート体制

ヘルプデスクも常駐しており、サポート体制も万全です。講義の疑問点や、演習中のサポートは、クラスに常駐しているヘルプデスクに お声がけください。問題が解決できるまで、丁寧にご対応いたします。

技術サポートだけではなく、学習方法や学習期間など、お気軽にご相談ください。いつでもご質問にお答えします。

≫ ヘルプデスク紹介

無料スクール体験ご案内
無料スクール体験お申し込み
無料セミナーのご案内
お問い合わせフォーム